2024年 6月 15日 (土)

京セラ「車載用デジタルカメラ」に注目 車の最新テクノロジー展示会

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   京セラ(京都市)は、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で2024年5月22日~24日に開催の「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」に出展した。

   これは、最新のテクノロジーが一堂に集まる国内最大級の自動車技術展。京セラは、電子部品と自動車部品をメインに商品を展示しているという。J-CASTトレンドが、同社ブースを取材した。

  • 「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」京セラブース
    「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」京セラブース
  • 車載用「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」の展示スペース
    車載用「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」の展示スペース
  • 「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」を比較すると映像の違いが分かる
    「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」を比較すると映像の違いが分かる
  • デジタルカメラの外枠写真右がアルミ金属製
    デジタルカメラの外枠写真右がアルミ金属製
  • 「電子式ハンドスロットル」の展示スペース
    「電子式ハンドスロットル」の展示スペース
  • 「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」京セラブース
  • 車載用「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」の展示スペース
  • 「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」を比較すると映像の違いが分かる
  • デジタルカメラの外枠写真右がアルミ金属製
  • 「電子式ハンドスロットル」の展示スペース

暗い・明るいをしっかり分けて映像に

   ブースの中で特に注目したのは、車の後方を映し出す際に用いられる車載用デジタルカメラ「1.3Mpデジタルカメラ」と「3Mpデジタルカメラ」だ。京セラによると、現在販売されているのはアナログカメラだが、デジタルカメラになりピクセル数が上がることで高解像となり、夜間でも景色が見やすくなるという。

   京セラの担当者によると、最新の車は現在、ナビ画面が大きく作られている。それによって、アナログカメラだと映像の「割れ」が目立ってしまう。展示されたデジタルカメラではこれをなくして、よりクリアに映し出すことができる。

   カメラには、「ダイナミックレンジ」を搭載。映像を、暗い部分と明るい部分をしっかり分けて表現する特性がある。例えば立体駐車場では、日陰でも暗くならずに映像が見られる。逆に日の当たる明るい場所では、映像が「白飛び」しない。

   カメラの外枠は、プラスチック樹脂からアルミに変更。これにより、使用が長引くにつれて増すカメラの熱を逃がして温度の上昇を抑え、動作不良を起こしにくくする特長がある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!