安心感と艶かさ兼ね備えた「夜のマスク」 和装メーカーが試行錯誤の末に開発

   和装コートメーカーのおとづき商店(山形県米沢市)は2020年6月2日、店頭および専用販売サイトで接客を伴う飲食店向けの「フェイスベールマスク」を発売した。

   販売は、地元の酒販協同組合の協力のもと行った。

飛沫感染を防ぎつつ、飲食なども簡単に行える。

「雰囲気を損なわない色っぽいマスクが欲しい」

   ポリエステル製の縦長の布3枚を重ね合わせた、鼻から首元あたりまでを覆うベール状のマスク。左右のひもを頭の後ろで結んだり、ゴムを耳に引っ掛けたりして着用する。

   飛沫による感染予防はもちろん、中央の布をめくることで簡単に飲食をすることも可能。また、ベリーダンサーの衣装などから着想を得たというデザインにより、安心感に加えて艶かさも感じさせる見た目になっているという。形はスタンダードタイプやレースタイプ、カラーは青や紺、黒など様々な組み合わせがある。

   J-CASTトレンドがおとづき商店に取材をすると、専務の弟月千恵子さんは「弊社ではもともと、自社工場での和装造りの際に出た端材を使ってマスクを生産し、それを市内の小中学校に寄付したり、年金生活者向けに低価格で販売するといった活動をしていました」と説明。

「そうした活動が市内で認知されていく中で、5月の終わりごろにクラブやラウンジといった夜のお店の従業員から、『飛沫感染を防ぎ、飲食もしやすく、かつ店の雰囲気を損なわない色っぽいマスクが欲しい』との要望を受けました」

   リクエストを受け、おとづき商店は試行錯誤を重ねた末に「フェイスベールマスク」を開発。実際に店舗での試験運用を行い好評を得たことで、正式な発売に踏み切ったという。

   価格は2200円から(税込)。

注目情報

PR
追悼