2018年 7月 22日 (日)

山本譲二の告白「おれは宇宙人と会ったよ、マジで」

印刷

   テレビ番組の夏の定番は怪談だが、朝っぱらから幽霊もナンだし・・・ということだろう。スッキリ!!はUFO特集第4弾。七色の光を放つナゾの飛行物体に迫った――!

この時期はUFOが出やすいから、要注意

   なるほど、番組には全国から目撃記録が続々と寄せられている。

   まず、演歌歌手の山本譲二。UFOを目撃したことがある、宇宙人と会ったことがある。こう証言する人だ。「ウソだと思う人、笑う人はそれでいい。宝くじを買わない人は当選しませんからね。おれは宇宙人と会ったよ、マジで」

   当時住んでいたマンションが、部屋が突然発光したオレンジ色に囲まれた。「怖くて見られなかった。いま考えると見ておけばよかった」・・・会ってなかったんだ。

   番組では視聴者から寄せられたUFOらしい二つの映像を紹介した。ホンモノか、それとも、鳥、飛行機といったよくある別の何かか。モノモノしいナレーションとともに進行する。

   その1:絵はがきのような北海道のラベンダー畑の写真。おばあちゃんが草取りをしている青空に奇異なモノが写っている。

   「あっ、これわたしだ。写真ちょうだい。UFO?そんなものは見たことないよ」

   UFOに人生をかけた韮澤潤一郎 矢追純一コンビが検分。「スーと動いてスッと止まる。慣性の法則を無視した動きはきわめてUFOの可能性に近い」

   その2:埼玉・春日部からのビデオ映像は暗闇のなか。「星のような物体がやがて燃え上がるように発光して周辺を回り、1時間ほど浮遊していた」まさに不思議いっぱいの映像だ。

   「シャンデリア型UFOではないかと解釈できるけど、これは50~60%、UFOではない」と韮澤潤一郎 矢追純一コンビ。

   「あれ、飛行機じゃないですか、横田基地の。夜ならそう見える。山本譲二さんの話だって怪しいし、ぼく正直いってわかりません」(加藤浩次)

   「あんなに発光体があるんだったら、町中の人が大勢見ているはずでしょ」(宮崎哲弥)

   世の怪奇現象には説得力不足のオモシロさがある。いくら説明されても雲をつかむような・・・きょっとん。

   テリーがうまくまとめた。「この夏の時期にUFOは出やすいから、要注意。いろいろと天候の異変があるし」ウソかマコトか。この話題は罪を問われないことは確かだ。

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中