「谷亮子!柔道やめるなら議員も辞めろ」コメンテーター勝谷誠彦ブチ切れ

印刷

   谷亮子参院議員が柔道界の第一線を退くと発表。選挙の立候補時には、議員と一流柔道家の両立を目指すとして物議をかもしたが、実際は両者が並び立つ暇もほとんどないまま、「両立」はあっさりと終焉を迎えた。

選挙向けイメージ戦略

   政治評論家の有馬晴海はVTRコメントで、早晩、柔道を引退するのは既定路線であり、選挙時はどっちも両立できる「スーパー谷議員」をアピールするイメージ戦略だったのではないかと分析する。両立は茶番だったというワケだ。

悪辣な詐欺

   スタジオでは、コメンテイターの勝谷誠彦の怒りが収まらない。悪辣な詐欺に遭ったとでも言わんばかり、血相変えて、まくしたてる。

「両立するということで投票した人も多いわけですから! やるならやってみろとみんな投票してるわけですから! 柔道家辞めるなら、議員も辞めて、一からやり直すべきでしょう」
「まあ、そこ(両立)で票を入れてる人がほとんどかどうか、わかりませんけどね」

   司会の加藤浩次はワンパターンな芸に飽き飽きした視聴者のように、眠そうに応えた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中