平岳大「父の幹二朗とは俳優になってから、演技の師として濃密な時間を過ごした」

印刷

   俳優の平岳大は24日(2016年10月)、父親の平幹二朗の死について事務所の公式サイトでコメントを発表した。「この度の事で番組関係者、舞台制作関係者様に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます」という。幹二朗はドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)に出演中で、舞台「死の舞踏」に参加するのが決まっていた。

   父とは22日から連絡が付かなかったという。「子供の頃、長い間、父と会わないでいる時間がありました。私が俳優になってからは、その失われた時間を取り戻すように、先輩として、演技の師として、そして父として濃密な時間を過ごすことができました」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中