2019年 1月 22日 (火)

平岳大「父の幹二朗とは俳優になってから、演技の師として濃密な時間を過ごした」

印刷

   俳優の平岳大は24日(2016年10月)、父親の平幹二朗の死について事務所の公式サイトでコメントを発表した。「この度の事で番組関係者、舞台制作関係者様に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます」という。幹二朗はドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)に出演中で、舞台「死の舞踏」に参加するのが決まっていた。

   父とは22日から連絡が付かなかったという。「子供の頃、長い間、父と会わないでいる時間がありました。私が俳優になってからは、その失われた時間を取り戻すように、先輩として、演技の師として、そして父として濃密な時間を過ごすことができました」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中