コーヒーの値上がりは続くのか

印刷

コーヒーメーカー各社は、2006年になって相次いで「値上げ」を宣言した。コーヒー豆の国際相場は4年ほど前のおよそ3倍にまで高騰している。今後はどうなるのだろう。

ニューヨーク市場のコーヒー豆の国際相場が「高騰」したのは04年11月で、その数年前まで1ポンド(453g)あたり40セントあたりで推移していた。2005年にはその3倍近い1ポンドあたり1ドル40セント台にまで上った。
「高騰」した理由のひとつに国際的な需要拡大が挙げられる。最近では、急速に経済発展を遂げている中国やロシアなどでもコーヒーの需要は徐々に拡大し、生産第1位のブラジル国内でもコーヒーの消費が拡大している。「豊かになってくるとコーヒーを飲む人が増える」(コーヒーメーカー関係者)というように、経済発展ともにコーヒーの需要は高まっているようだ。コーヒー豆の生産量も減少している。そこに追い討ちをかけるように原油高騰と円安が重なった。コーヒーメーカー各社は、スーパーなど量販店での「特売」を自粛するなどの工夫をしたが、値上げに踏み切らざるを得ない状況だ。

しかし、キーコーヒーは、「高騰したというより、以前の価格に戻ったという感じだ」(広報)とJINビジネスニュースの質問に答えた。6年ほど以前のコーヒー豆の国際相場は1ポンドあたり1ドルほどで、数年前のコーヒーの価格が安すぎたことになる。同社広報によると、当時生産国は生産を縮小し、需給バランスがタイトになったためにコーヒー豆の高騰を招いた。コーヒーメーカー側は生産国で異常気象でも発生しない限り、当面これ以上値上げに踏み切ることはなさそうだが、世界的な需要増で徐々に価格が上昇していく可能性はある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中