オシム とりあえず「本」が快進撃

印刷

   サッカー日本代表監督への就任が確実視されるジェフ千葉・オシム監督を語録で描いた『オシムの言葉』集英社インターナショナル)が書店で快進撃を続けている。これまで月に2万部ほど売れていたが、日本サッカー協会の川淵三郎氏がオシム氏の名を漏らした「失言」などで急遽「時の人」となると売り上げが加速的に伸びた。出版元は2006年7月25日に10万部増刷することを決めた。

オシム氏の半生と語録を綴った『オシムの言葉』。これが爆発的に売れはじめた
オシム氏の半生と語録を綴った『オシムの言葉』。これが爆発的に売れはじめた

   丸善の06年6月29日~7月5日までのノンフィクション部門のランキングでは1位。紀伊國屋書店の06年7月3日~7月9日までの和書全店ベストでも1位、さらにトーハンの06年7月11日調べのランキングではノンフィクション部門で3位、とその勢いはとどまることを知らない。紀伊國屋書店新宿本店では品切れになった日もあった。

   丸善の広報担当者はJINビジネスニュースの取材に対し、「『時の人』になって関心が高くなり、女性やビジネスマンも買うようになった」と答えた。オシム氏の注目度が上がったことで、これまでサッカーファンに限られていた「オシム本」に様々な人が手を伸ばすようになった。紀伊國屋新宿店の売り場担当者は「(オシム氏の)発言はもともと有名。さらに次の監督ということで注目が集まってここまで売れ出したのだろう」と語った。06年のワールドカップで敗退した日本代表をどう立て直すのか、読者はオシムの「言葉」で探ろうとしているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中