年末のゲーム機大戦争 任天堂DS一人勝ち?

印刷

   ソニー・コンピュータエンタテインメントの「PS3」発売が2006年11月11日に迫り、それに前後し、任天堂がソニー追い落としに満を持して「Wii」(ウィー)を発売する。 ゲーム業界では「次世代家庭用ゲーム戦争」が勃発し、年末商戦は大いに盛り上がると期待していたが、その雲行きが怪しくなってきた。携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の人気の勢いが止まらないからだ。

「ゲームファンはゲーム機では、既にDSを選んでしまっているんです。それはゲームソフトメーカーも認識していて、今、ここで新たな家庭用機のソフト作りに開発費や人的資産を投入してもどうなのか、という慎重な見方がソフトメーカーに広がっています」

ソフトメーカーも「PS3」より「DS」

「Wii」発売でDS人気が高まる??
「Wii」発売でDS人気が高まる??

   J-CASTニュースの取材にゲーム業界関係者は内情をこう打ち明けた。つまり、ユーザーもソフトメーカーも、視線は新機種よりも「DS」に強く注がれているわけなのだ。

   「DS」は04年12月に発売するやいなや大ヒットとなり、生産が追いつかずに品切れ状態になった。06年7月末には発売後20ヶ月で国内実売数1,000万台を突破。これは「ゲームボーイ・アドバンス」の30ヶ月、「PS2」の32ヶ月を大幅に上回る、国内ゲーム機史上の最速記録だ。現在も品薄でなかなか手に入らないのが実情だ。
   ソフトの売れ行きも凄い。エンターブレインが集計した06年8月7日~20日の売り上げランキングでは、ベスト10のうち7本が「DS」用ソフト。数年前まではミリオンヒットが出ないことを理由に、ゲーム業界の凋落が指摘されてきたが、「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」は推定累計売り上げが約303万本。「Newスーパーマリオブラザーズ」は同280万本。「おいでよ どうぶつの森」が同311万本とトリプルミリオンまで出ているのだ。

「Wii」発売で、ますますDS人気が高まる

   人気沸騰の理由を任天堂広報は、

「2つの画面とタッチペンを使うという、今までに無かった斬新な遊び方と、誰でも楽しめる分かりやすく楽しいゲームソフトの提供がゲームユーザーの心をつかんだ」

   と説明する。特に、これまでゲームとは無縁だった女性や中高年層さえ買い求めているのだ。97年をピークに下がり続けてきたゲームソフト市場だが、DSの登場でメーカー各社の業績が回復している。業界には久しぶりの明るい話題だ。

   そうした中で「PS3」と「Wii」の発売が重なる。DSにとっては逆風とも思えるが、任天堂広報は、

「今後はWiiとDSを連動させたゲームなどを積極的に展開していく予定です」

   と話す。「Wii」発売で相乗効果が生まれ、ますますDS人気が高まることも十分考えられるのだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中