日本メーカー 東欧に拠点開拓ラッシュ

印刷

日立製作所は2006年10月2日、チェコに薄型テレビ(プラズマ・液晶テレビ)の製造工場を建設し、2007年夏から稼動すると発表した。今後大きな需要が予想される欧州市場に対し、薄型テレビの生産能力の増強をはかる考えだ。同社広報はJ-CASTニュースの取材に対し、「チェコ政府にインセンティブで極めて優遇されるから」とチェコ進出の理由を語った。政府の雇用の確保・技術教育についての支援は、他の欧州諸国よりも優れているという。同社は新工場で年間約96万台の液晶テレビを生産する。
また、ソニーもスロバキアに新工場を設立し、2007年9月から稼動させる。こちらは、年間300万台の液晶テレビを生産する。外務省は、日本のメーカーの東欧進出について「一部の国で、工場の誘致をしており、それが理由で税制の優遇処置を講じているからではないか」と見ている。

これとは異なるケースで、東欧に進出した企業もある。
マツダは06年10月2日にチェコとスロバキアに販売統括拠点を開設した。同社は需要が高まっている両国の主要都市に販売店を設置し、両国内での販売に力を入れる。「チェコとスロバキアで自動車の重要が高まってきた。今が販売を拡大するときだと判断した」と同社広報はコメントした。
東欧を含めた欧州での重要の高まりと、東欧諸国の積極的な支援が、日本メーカーの進出ラッシュに大きく作用しているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中