北の核実験余波 核シェルターに問い合わせ

印刷

   2006年10月9日に、北朝鮮が行ったとされる核実験で、一般市民が一番心配するのが、放射線の影響だ。核シェルター業者には早くも問い合わせが来ている。

   伊吹文明文部科学相は10月10日午前の記者会見で、各都道府県などに依頼して測定している放射線の値について、「核実験後、大きな数字の変化はない」話した。午後には、内閣の「放射能対策連絡会議」が、「緊急調査で、大気中の放射線の異常は検出されなかった」と発表するなど、核実験に関連する放射線のリスクは今のところはない、というのが政府の見解だ。
   だが、放射線に対して何らかの備えをしたい、という市民は、やはりいるようだ。

10人前後収容で、1,400~1,500万円

北朝鮮の核実験で、核シェルター業者には早くも問い合わせが
北朝鮮の核実験で、核シェルター業者には早くも問い合わせが

   最もわかりやすい放射線対策が、核シェルターだろう。爆風や高熱に耐え、放射能を遮蔽する構造になっている避難所だ。核シェルターを販売している織部精機製作所(神戸市)によると、核実験の実施から、1日で3-4件の問い合わせがあったという。同社では毎年10件前後を販売。工事費を含めた建設に必要な費用は10人前後収容できるタイプで、1,400~1,500万円。同社では、「一度に浴びる放射線の量は微々たるものでも、長期間浴びてしまうと、安全とは言えない」と、核実験の影響を警戒している。

   核シェルターの次に思い出すのが、原子力発電所のニュースなどでよく出てくる、放射線の測定器だ。J-CASTニュースでは、放射線を測定する「ガイガーカウンター」を販売している佐藤商事(横浜市)に話を聞いてみた。ところが、こちらは「(核実験関連で)問い合わせが来るものかと思っていましたが、ほとんど来ませんでした」と拍子抜けした様子だった。
   ちなみに、このガイガーカウンター、安いものだと5万円弱で買うことができるそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中