九州国立博物館で「針聞書」腹の虫が人気キャラ

印刷
九州国立博物館で人気の「腹の虫」グッズ
九州国立博物館で人気の「腹の虫」グッズ

2005年10月に開館した九州国立博物館(福岡県太宰府市石坂、三輪嘉六館長)のミュージアムショップで、戦国期の東洋医学書「針聞書はりききがき」に登場する「腹の虫」キャラクターが人気となっている。同館の収蔵品「針聞書」は63種の病気を起こす虫たちの姿を描いた珍しい資料。想像上の虫だが、なんともかわいらしい姿をしている。そこで、これを題材にしたぬいぐるみ、シール、ファイル、絵はがき、Tシャツ、バンダナなど、ミュージアムグッズが開発された。06年11月には、詩人アーサー・ビナードさんが文、鍼灸師、長野仁さんが監修した絵本「はらのなかのはらっぱで」(1,000円)がフレーベル館から出版された。ネット上でも人気者であり、J-CASTニュースでは、カンムシ、ヒゾウノムシのすず合金虫フィギュアを制作、アンケート応募者に抽選でプレゼントしている。
九博は8月に入館者が200万人を超す盛況で、大宰府観光の中心スポットになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中