「何で、なんで、ってヒーヒー言ってたよ」 「2ちゃん」書き込みは母親首切り犯か

印刷

   「母親を殺した」と切断した人間の頭部を持った男子生徒(17)が警察に出頭するという「おぞましい」事件が発生した。しかも奇妙なことに、生徒が母親を殺害したと思われる時間に、インターネット掲示板2ちゃんねるに「母親を殺してきた」と奇妙な書き込みがされている。これは「犯行声明」なのか。

   福島県警会津若松署によると、2007年5月15日の午前6時58分、会津若松市花春町に住む17歳の男子生徒が切断された人間の頭部を持ち、「母親を殺した」と同署に出頭した。同署は殺人事件と見て、捜査を開始している。

   男子生徒が住むアパートには刃物のようなもので頭部が切断された女性の遺体が発見されており、切断された頭部はこの男子生徒の母親と見られている。また殺害された時間は、07年5月14日夜頃と見られ、15日の福島民友新聞は「遺体や現場の状況などから、14日夜から15日未明にかけて」としており、同日の共同通信は「男子生徒は『夜中に切断した』と話し、取り調べには落ち着いて応じているという」と報じている

母親が殺害されたと思われる時間に書き込み

2ちゃんねるの奇妙な書き込みは母親首切り犯によるものなのか
2ちゃんねるの奇妙な書き込みは母親首切り犯によるものなのか

   この男子生徒が母親を殺したと思われる同じころ、インターネット掲示板2ちゃんねるには奇妙なスレッドが立てられていた。

   それは「母親殺してきた(´・ω・`)」と題されたスレッドで、冒頭には、

「『何で・・・なんで・・・』ってヒーヒー言ってたよ( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!」

と書かれていた。このスレッドが立てられたのは5月14日の午後9時2分。この事件で生徒が「母親を殺した」としている「事実関係」と、母親が殺害されたと思われる時間が奇妙なほどに一致している。その後も、「ほんとじゃなくても警察来るよ」など注意を促す書き込みもあったが、スレッドを立てた者と同一のIDによって「(「日本橋川に右足だけ捨てるなよ」という書き込みに対し)両足ならいい?(´・ω・`)」「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」「( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!」と脈絡のない書き込みが続いた。

   殺人事件について15日のスポーツニッポンは、

「県などによると、男子生徒は不登校のような状態で、精神的に不安定だったといい、精神科の専門医の治療を受けていたという」

と報じている。県警などは「まだ捜査中」としており事件の詳細は明らかにされていないため、この殺人事件と2ちゃんねるの書き込みの関連性は現在までのところ不明だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中