強制わいせつに児童買春 NHKに逮捕者なぜ多いか

印刷

   最近、放送業界からの逮捕者が目立つ。とりわけ、NHKでは強制わいせつ、児童買春などでの逮捕事例が異常ともいえるほど相次いでいる。これはもうNHKの体質なのか。にもかかわらず、出てくるのは歯切れの悪いコメントばかりだ。
   最近目立つのが、NHKの不祥事だ。

車内で、女性にほおずり

NHKに不祥事が相次ぐのはなぜ?
NHKに不祥事が相次ぐのはなぜ?

   6月1日、ディレクター(42)が京王線の車内で、都内の女性にほおずりをしたとして取り押さえられ、東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。酔っぱらっていて覚えていないが、事実だとしたら社会的制裁を受ける」などと話したといい、すでに釈放されている。
   NHK広報部では、

「職員が逮捕されたことは、その後釈放されたとはいえ、遺憾です。事実関係を調べた上で対処します」
と話しているが、最近の同局は、不祥事を連発している。近い順から振り返ってみると、こんな具合だ。

   6月1日: 関連会社の「NHKエデュケーショナル」に出向中の男性職員(34)が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕。06年10月に、東京都荒川区内のホテルで、出会い系サイトで知り合った埼玉県の少女(16)に4万円を渡して、わいせつな行為をした疑い。
   5月8日: 男性アナウンサー(41) が渋谷区内の路上で女性会社員に後ろから抱きつき、胸などを触ったとして強制わいせつ容疑で現行犯逮捕。不起訴処分となり。NHKからは停職3ヶ月の処分を受けた。
   3月20日: 男性職員(31)が、神奈川県川崎市の市道で男性をはね、まもなく死亡。業務上過失致傷容疑で逮捕。
   3月16日:男性記者(32)が、東京都世田谷区の自宅近くのアパートの廊下に侵入したとして住居侵入の疑いで現行犯逮捕。「アパートに隣接しているマンションを購入しようと思い、下見していた」などと話したという。不起訴処分となり、NHKからはけん責の処分を受けた。
   06年12月17日: 男性職員(30)が、JR総武線内で男子大学生の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕。
   12月13日: 休職中に男性ディレクター(46)が、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕、起訴される。07年1月1日付けで懲戒免職。

   こう並べてみると、異常ともいえる多発ぶりだ。不祥事が相次いでいることについては、NHKの広報局では

「個々の事案ごとに、事実関係をはっきりさせた上で対応する、ということです」

と述べるにとどまっている。

「ネット系ニュースには、取材に応じない」

   もっとも、不祥事はNHKだけにとどまらない。最近ではこんな「事件」も起こしていた。
   「サンケイスポーツ」などによると、日本テレビ社員(36)が2007年6月4日、道路交通法違反(速度超過)の現行犯で、北海道警弟子屈署に逮捕された。この社員は、休暇で妻と旅行中に、弟子屈町内の国道で約120キロでレンタカーを運転したとされる。法定速度は60キロで、実に60キロオーバーだ。

   ただ、過去の報道を見ると、速度超過で逮捕されるのは、単なるスピード違反ではなく、「80キロオーバー」「酒気帯び」「無免許運転」「任意出頭要請に応じない」といった要因が重なった結果の逮捕が多く、今回の逮捕は異例とも言えそうだ。
   J-CASTニュースでは、日テレの総合広報部にコメントを求めたが、

「ネット系ニュースには、従来から取材に応じておりません。体制がまだ十分でないので、まずは紙媒体を優先したいためです。紙媒体だと、掲載された記事をこちらでも確認できますが、ネットだと拡散してしまって確認しきれないので…」

と、説明は得られなかった。紙媒体がウェブ上に掲載している記事によると、同部は

「休暇中とはいえ、社員が逮捕されたことは遺憾。詳細な事実関係を確認した上で対応したい」

とコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中