「日本中に放射能が飛散して危険」 欧州駆け巡るトンデモ事故情報

印刷

   イタリアのサッカー1部リーグ・セリエAのカターニャが来日ツアーをキャンセルすることが明らかになった。理由は地震による「放射能漏れ」。ただ、放射能漏れはごく微量で人体に影響はない。しかも、選手は新潟で試合を行う予定も無い。なぜそれがキャンセルの理由になるのか?背景にはヨーロッパでのトンデモ「誤報」がありそうなのだ。

「原発事故避難民が発生」とイタリア国内で連日報道

「放射能漏れ危険だから」カターニャの来日中止仕方ない?(SKY)"
「放射能漏れ危険だから」カターニャの来日中止仕方ない?(SKY)

   Jリーグ・横浜FC、磐田、千葉の3クラブは2007年7月24日、「カターニャジャパンツアー」を中止すると発表した。カターニャは07年7月26日に来日し、7月30日から8月5日にかけて、Jリーグ3クラブと計3試合を行う予定だった。カターニャには日本人FW・森本貴幸選手が所属しており、日本人のサッカーファンにとっては注目の試合となるはずだった。

   ツアー運営会社の発表によれば、07年7月16日に新潟中越沖で発生した地震と柏崎刈羽原子力発電所から放射能が漏れた疑いがあるというニュースや、「放射能漏れによる避難民の発生」という「誤報」がイタリア国内で連日報道され、これを深刻に受け止めたカターニャ側から「ジャパンツアー」を延期したいとの要請があったという。運営会社は、在日イタリア大使館とともに安全性に問題が無いことを理解してもらうために説得を続けたが、「クラブ内の各レベルからの反発が強い」として、ツアーを中止せざるを得なかった。

   日本にいる側としては、柏崎原子力発電所からの放射能漏れはごく微量で、しかもその影響があるとは到底考えられない場所で試合を行うツアーをカターニャ側がキャンセルしたのは、到底理解できるものではない。しかし、連日、イタリアはじめヨーロッパで報じられた「放射能漏れ」のニュースは、どうやら日本人が理解している「現実」とは相当かけ離れたもののようなのだ。

   実際、イタリアではカターニャのツアー中止についてこんな報道がなされている。

「先日日本で発生した地震を受けて、カターニャの責任者は、放射能の警報が日本に広まる可能性のあることを懸念し、26日からの親善試合をキャンセルすることを検討している」(7月19日Datasport)
「カターニャチームは明日トーナメント試合のため日本に向けて出発する予定だったが、突然すべての予定を取り消さざるを得なくなった。先日柏崎市に打撃を与えた地震の影響で、原子力発電所の損害とそれによる放射能漏れの危険がある事が考えられるためだ。まだ公式にキャンセルの報告を出していないカターニャの責任者にとっては危険が大きすぎる」(7月25日Sky)

発電所の複数の建物はひび割れた!

   どうやら、イタリアでは「キャンセルせざるを得なかった」という見方が強いようなのだ。ある在伊邦人は「2日間ぐらいは地震のニュースが立て続けに放送され、イタリア人の友人からの電話がひっきりなしにかかってきた」とJ-CASTニュースに対し語っている。実際、イタリアの大手紙にも「日本、放射能漏れの警戒広まる」と題された、あたかも日本中に放射能が飛散する危険があるかのような報道が地震発生の数日後になされた。

   地震とそれによる「放射能漏れ」を「センセーショナル」に伝える報道はヨーロッパを駆け巡っている模様で、フランスの大手メディアでも日本では聞いたことも無い「トンデモ情報」が報じられている。

「地震が起こった月曜日の10時13分、発電所が揺さぶられた。発電所の複数の建物はひび割れた」(リベラシオン、7月21日)
「発電所は稼動を止められ、潜在的に放射能を含んでいる可能性のある衣服やグローブの数々が地面に置かれているのが発見された」(TV5、7月20日)
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中