ゲーム機・ソフトの市場規模が過去最高 エンターブレイン

印刷

   エンターブレインがまとめた2007年度の国内家庭用ゲーム市場動向によれば、ゲーム機とソフトを合わせた販売金額は06年度比3.8%増の6769億5000万円となり、同社が統計を開始した97年度の以来過去最高となった。2008年4月3日に発表した。

   ゲーム機の販売台数では任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」がトップで634万3547台。累計販売台数は約2217万台になった。次いでSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント)の携帯型ゲーム機「PSP」の342万7971台で累計は857万4026台。家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」が374万1946台で同569万5579台。同じく「PS3」は119万7418台で同200万9492台だった。

   ソフトは「Wiiフィット」の約176万2193本がトップで、「マリオパーティDS」の約165万9315本、「Wiiスポーツ」の161万6377本、「大乱闘スマッシュブラザーズX」の155万4852本、「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊」の135万4447本と続き、上位5位は任天堂ゲームソフトだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中