船場吉兆、再建を断念し廃業

印刷

   牛肉の産地偽装や料理の使い回しが問題となった高級料亭「船場吉兆」は2008年5月28日に記者会見を開き、再建を断念し廃業すると発表した。
   07年10月から一連の偽装が発覚、07年11月には牛肉の産地偽装事件で警察の強制捜査を受けていた。その後、08年1月には民事再生法の適用を受けて営業を再開していたが、08年5月初めに今度は焼き魚など料理の使い回しが発覚。客離れが急速に進んでおり、経営の建て直しは困難と判断した。湯木佐知子社長(71)は会見で「社会の皆様すべての方に改めて深くお詫び申し上げます」と涙ながらに謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中