山本モナ告白 新宿2丁目で記者に追われる

印刷

   タレントの山本モナさんは新宿2丁目のゲイバーで遊んでいたところを記者に追いかけられたと、2008年6月4日のブログで告白している。

「きのう、ちょうどお友達の誕生日だったのでお食事をして、
そのお店にお祝いにいったところ…。
記者の方らしき方が…(笑)」
「お店の帰りにナゾのワゴン車に追っかけられました(笑)」

   その記者は最近、某テレビ局で「山本モナが、新宿2丁目に飲みに行ってるらしいけど、どの店にいってるか知りませんか」と聞いて回ってるという。

   新宿2丁目は、言わずと知れたゲイバーの多い地域だ。

「実は、すごく仲のいい、新宿2丁目でバーを経営しているお友達がいて、
確かにそのお店によく行ってるんですよね。
ホントに何でも話しができる大親友で、見た目完全に男の子ですが、
もちろんオネエです(笑)」

   女性客が多い店ということで、

「私も、一人で気軽に行けちゃうようなお店なんです」

お酒を飲んだり、おしゃべりをしたりして楽しんでいるようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中