東京メトロ副都心線、いよいよ14日開業

印刷

   東京メトロでは9線目となる「副都心線」が2008年6月14日、開業する。埼玉県の和光市駅から渋谷駅まで全16駅、全長20.2キロを結び、東京メトロとしては初めて地下区間で急行運転を行う。最速で池袋-渋谷間を11分で結ぶ。東京メトロには初年度で約40億円程度の増収効果があるとみられている。6月13日には新宿三丁目駅で記念式典が行われ、石原慎太郎都知事が「首都における人の流れが変わってくると思う。東京の成熟に加速がかかると思う」とあいさつした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中