激怒宮地真緒 酔っ払いから「ブス」

印刷

   女優の宮地真緒さんが、2008年7月12日のブログで、酔っ払いに「ブス」と言われたことについて長い文章を書いている。

   「とある繁華街」に出かけていた宮地さん、そこで、「子分」を連れた「酔っ払いのチ☆ンピラ風のオッサン」と目が合ってしまい、

「『ブス!』って怒鳴られました」

とのことだ。

   突然のことに驚いたただけでなく、知らない人に理由もなしに「ブス」と言われたことに腹が立ったようだ。

「気分悪っ!!」
「コソコソ言われるのもイヤだけどさ。いやしかし!怒るでしかし!」
「酔っ払って他人に迷惑かける、人を不快にさせる大人は最低です」

   そして、他人を威嚇する暴力的な人は自分を強く見せたいのかもしれないが、それは「ほんとの強さ」ではないという。

「ホントに強い人は絶対人を傷つけたりしない人。人を思いやれる人。守れる人。じゃないの? 気づいてくださいオッサン」

ほかにもいろいろ書き連ねていて、怒りは相当なものだったらしい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中