眞鍋かをりin鎌倉 大声でポニョを歌いながらチャリをこぐ

印刷

   タレントの眞鍋かをりさんは友達と電車で鎌倉に行ったそうだ。2008年8月14日のブログに書いている。

   その日の昼に友達に電話して一緒に遊ぶことになり、せっかくいい天気なので

「鎌倉とか行っちゃわね? しかも電車で」

と提案する。40秒で支度をして、品川駅に集合。観光ガイド誌「るるぶ」を買おうかと迷ったが、あえて「ノーるるぶ」で散策することに決めた。

   横須賀線に乗って約40分で鎌倉に到着すると、さっそくレンタサイクル(電動自転車)を手配する。海沿いを走ると最高に気持ち良くなって、映画「崖の上のポニョ」の主題歌を歌う。

「いい大人が全力の大声でポニョを歌いながらチャリをこぐ姿は
そうとうヤバかったと思いますが
なんか鎌倉だから許される気がします」

向かった先は、「鎌倉といえばまず大仏でしょ」ということで、長谷寺だ。なんと、大仏様の前でふざけてみたそうだ。ブログにはそんな写真を載せている。

「お盆のためか観光客がめちゃくちゃ多く、
かなり視線が痛かったです。
でも鎌倉だからオッケーです」

   その後も18キロにわたって旅を続け、夏の鎌倉を満喫したようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中