ピン芸人KICK☆ 「売れたらタイに住もう」

印刷

   日本テレビ系のお笑い番組「エンタの神様」で、ムエタイの格好で登場し、芸能人ブログを取り上げた一言ネタを披露しているピン芸人のKICK☆さんが2008年8月23日のブログで、タイ人に大人気なのを喜んでいる。

   海に行くはずだったこの日、急遽、仕事で「富士急ハイランド」へ行くことになった。「富士急ハイランド」では、仕事内容とは別に、タイにまつわるイベントが開催されていた。タイ料理の屋台が複数出店され、仕事の合間にタイ料理を堪能したそうだ。そこで、多くのタイ人に熱く声をかけてもらった。

「キックさんいつも見てますー」
「大ファンです!」
「ムエタイほんとにやってるんですか?」
「今度うちのお店に遊びきてね」

   あたたかく声をかけてもらったり、写真をとったりしたことがすごく嬉しかったようだ。ところが、である。10代くらいと思われる日本人の女の子が、こんな会話をしているのが聞こえてきた。

「あれキックじゃね?」
「いや、ニセモノっしょ!」
「だよね!あんな顔じゃなかったよね!」
「ホントだ、ニセモノだよ。行こっ!」

   二つの出来事、「天国と地獄」を経験したKICK☆さんは、「売れたらタイに住もう」と誓った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中