医学部定員、将来的には1.5倍に 厚労省検討会

印刷

   厚生労働省は「安心と希望の医療確保ビジョン具現化に関する検討会」を2008年8月27日に行い、中間とりまとめ案を出した。医師不足が深刻化していることを受け、医師養成を拡大する方向だ。09年度の大学医学部定員数を過去最高の8360人程度にすべきだとした。また将来的には養成数を1.5倍にすることを検討する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中