事故米、給食に流通 関西の病院や老人ホームに

印刷

   米粉加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が工業用に限定された事故米を「食用」に転用していた問題で、同社が販売した事故米を含む中国産もち米約700キロが給食大手「日清医療食品」(東京都千代田区)に流通していたことがわかった。2008年9月11日、各紙が報じている。

   基準値を超える有機リン系の農薬成分・メタミドホスが検出されたため事故米とされた中国産のもち米が、赤飯やおこわなどの食用として、近畿2府4県の病院や特別養護老人ホーム計119カ所に流通していた。多くはすでに消費されている。健康被害の報告はないが、汚染米が食用に流通したことが初めて判明し、被害が広がる恐れが出てきた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中