親指使いすぎで発症「ドケルバン病」 ケータイやゲームが原因なのか

印刷

   「ドケルバン病」という聞き慣れない病気の患者が増えている。親指を酷使すると起きる腱鞘炎の一種で、手首の親指側が痛む症状が特徴だ。

「字も書けないくらい痛くなっちゃった」

   手首の親指側には、トンネル状の「腱鞘」内部に、親指を動かす腱が2本通っている。親指を使いすぎると腱の表面に傷がついたり、腱鞘が厚くなったりして、炎症を起こすことがある。それが原因で、手首に痛みや腫れが出てくるのが「ドケルバン病」だ。症状が軽い場合は湿布や炎症を抑える軟膏などを塗り、手首と親指を休ませると改善するが、痛みが強い場合はステロイド剤の注射や、腱鞘切開手術が必要になるケースもある。

   妊娠時や産後、更年期の女性がかかりやすく、ホルモンバランスとの関連があるといわれているが、詳しい仕組みは分かっていない。

   親指使いすぎで思い浮かぶのは、ケータイやゲーム。

   例えば、出産・子育てブログの「チビのすけ日記」を見ると、「携帯をいじりすぎて腱鞘炎になっちゃったの!!」とその驚きをつづっている。携帯電話の機種変更をした当日にずっと使用していたことで「字も書けないくらい痛くなっちゃった」そうだ。

    巨大掲示板「2ちゃんねる」の腱鞘炎をテーマにしたスレッドでも、

「携帯ゲームしすぎで、右の親指悪化。。。」
「(親指付近腱鞘炎の)原因は多分携帯で書き込みすぎ」
「携帯メールとマウス使いすぎで親指付け根が痛くなり…」

といったカキコミも多く存在する。携帯やゲームが原因、というケースは多いと思われる。

昔は1秒間に何連打、というゲームもあった

   複数の専門家によると、楽器を演奏する人やスポーツマンなどにも多く見られ、

「具体的な調査はないが、携帯やパソコンなどの影響も大きくなっていると言われています。親指を動かすことが多いですから」

と指摘する。

   何か対策は取られているのだろうか。NTTドコモの場合、携帯電話について直接的な対策は特にしていない。ただ、同社広報はJ-CASTニュースに対し、

「各メーカーは使いやすさや押しやすさを追求している。『タッチパネル式』の携帯電話など、結果的に負担が軽減されているということはあるだろう」

と話す。

   また任天堂の広報によると、ゲームは「生活必需品」ではないため、ユーザーの厳しい目が向けられている、と捉え、

「快適に使っていただけるように、あらゆる角度からハード面での工夫と、ソフト面での注意喚起を行っています」
「携帯電話やパソコンも同じように、究極的には『使いすぎ』は良くないということです」

と話している。ゲームの内容についても、

「昔は1秒間に何連打、というようなゲームもありましたが、今では『書く』、『声を出す』、『振る』など、ゲーム自体が変わってきていますからね」

といい、結果として手指の負担軽減につながっている、という見方だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中