深夜アニメ版「源氏物語」 「性描写過激すぎる」と波紋

印刷

   「源氏物語千年紀」にちなんで制作されたアニメが、思わぬところで評判になっている。原作とはかけ離れた設定や、性描写の多さが、波紋を呼んでいるようなのだ。一方、「もともと源氏物語は、主人公の恋愛遍歴を綴ったものなので問題ない」などとする擁護論も根強い。

「ドロドロとエロさが無ければ源氏物語ではない」

   評判になっているのは、2009年1月から、フジテレビ系の木曜深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されている「源氏物語千年紀Genji」と呼ばれるアニメだ。

   源氏物語の作者である紫式部が1008年11月1日の日記で、初めて源氏物語について記述したとされていることから、その1000年後の2008年は「源氏物語千年紀」として、関西地区を中心に様々なイベントが開催された。このアニメも、「源氏物語千年紀」にちなんで企画されたもので、監督・脚本は、「鉄腕アトム」「あしたのジョー」「エースをねらえ!」などを担当したことで知られる出崎統氏。オープニングテーマは椎名林檎が作詞・作曲し、PUFFYが歌っている。

   議論を呼んでいるのが、その内容だ。例えば第1話では、9歳の光源氏が帝の側室、つまり義理の母親にあたる「藤壺」(14)とキスをするシーンが登場。第2話以降も、様々な女性との関係が性描写を交えながら描かれる。現在、公式ウェブサイトで公開されている人物相関図を見ただけでも、2人の女性と夫婦関係になり、3人の女性との恋愛関係が描かれている。

   こんな状況に、ネット上では、

「原作とかけ離れている」
「吐き気に襲われた」

といった批判の声があがる一方、源氏物語は、そもそも男女の愛憎劇を描いた作品なだけに、

「むしろドロドロとエロさが無ければ源氏物語ではない」

などと擁護論も目立つ。

コンセプトは無常観で、危うさを表現

   出崎監督は、作品のコンセプトについて

「コンセプトは無常観。すべてが夢だったかもしれないし、現実かもしれない。ふと風が吹くと消えてしまうような危うさを表現したかった」(09年1月20日、東京新聞)

としており、これを支持する声も根強いようだ。例えば読売新聞の投書欄(2月23日)には、45歳主婦による

「幻想的でゆったりした動きのアニメーションと、ささやくようなナレーションに心が洗われます。エンディングの歌もすてきで、いつまでも余韻にひたっていられるようです」

との投稿も掲載されている。

   テレビでの放送は全11回シリーズで、現段階では、第8回目まで放送されている。今後のストーリー展開に注目が集まりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中