公取委、JR東海に警告 「割引きっぷ」表記で

印刷

   公正取引委員会は、JR東海に対して2009年4月23日、往復割引切符に不適切な表現があり、景品表示法(優良誤認)の疑いがあるとして警告を行った。

   警告の対象となったのは、名古屋駅から米原駅経由で北陸地方を往復できる「北陸往復割引きっぷ」。JR東海がウェブサイトに掲載していた説明では、米原-富山間は全区間指定席が利用できるとされていた。ところが、金沢駅止まりの特急「しらさぎ」を利用し、「米原-金沢-富山」と乗り継いだ場合は、どちらか1区間しか指定席が利用できない決まりになっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中