ファミリーマート、生鮮食品扱い店を3倍に拡大

印刷

   ファミリーマートは刺身や肉、野菜、果物など生鮮食料品「ファミマフレッシュ」の販売を強化する、と2009年5月20日に発表した。生鮮食料品を扱う店舗を現在の1200店舗から2012年2月末までに約3500店舗にまで拡大する。単身者や団塊の世代、主婦層を取り込んでいく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中