ライブドア分社後初のM&A 業績好調で「攻め」に転じる

印刷

   ライブドアはインターネット広告配信企業・アドワイアーズにM&Aを実施し、資本・業務提携を行う。ライブドアがM&Aを行うのは2007年4月に分社化してから初めて。これまで同グループは事業の切り売りを続けてきたが、本業での収益確保にメドがつき、「09年度から攻めの事業展開をしていく」としている。

   ライブドアの100%子会社のジェイリスティングが、09年6月24日付けでアドワイアーズの株式80%(800株)取得した。買収金額は明らかにされていない。

   アドワイアーズは、行動ターゲティング技術やコンテンツマッチなど、複数のマッチング技術を応用した広告配信システムを自社で開発し保有している。会員数290万人(6月時点)を抱えるライブドアの「livedoorBlog」では、現在グーグルのコンテンツマッチ広告を使用しているが、今後はアドワイアーズの技術を活用し、より効果的な広告配信システムを構築していく予定だという。

ネット広告が好調で大幅増益

   現在ブログやポータルサイト事業を運営しているライブドアは、07年4月にライブドアホールディングス(現LDH)から分社した。08年9月期に初の黒字化を達成。「今期(09年期)もネット広告が好調で、収益面では前期と比して大幅増を見込んでいます」と勢いづいている。今回の買収は分社後初めてのM&Aとなるが、同社広報担当者は

「前期で黒字化を達成しましたので、09年度はM&Aも視野に入れた攻めの事業展開をしていきます」

と語った上で、「今回の提携は、事件前に旧ライブドアが行っていたM&Aとは違う性質ものです」と説明する。

「旧ライブドアのM&Aは、シナジーを見込んでというよりも、収益を直近に上げる目的で、事業と全く関係ない企業を買収すると傾向がありました。今後は、ライブドアが現在主軸としているブログサービスと技術的親和性が高い企業との、M&Aも視野に入れた提携を考えてきます」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中