「スーパーロボット大戦K」 楽曲類似で謝罪

印刷

   バンダイナムコゲームスは2009年8月19日、ニンテンドーDS用ソフト「スーパーロボット大戦K」で他社のゲームBGMに似た楽曲を無断で使用していたとしてサイト上で謝罪した。ネット上では、発売後から盗用疑惑の指摘が相次いでいた。

   それによると、タイトーのスーパーファミコン用ソフト「エストポリス伝記2」内のBGM「地上を救うもの」と、スクウェア・エニックスのスーパーファミコン用ソフト「クロノトリガー」内のBGM「魔王決戦」にそれぞれ似た楽曲になっていた。

   両社に顛末書を差し入れて協議した結果、和解したとしている。そのうえで、「今後はこのようなことのないよう、開発作業で厳格な管理・監督に努めてまいります」と述べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中