初のミシュラン「京都・大阪版」 三つ星は7店

印刷

   世界的に有名なレストラン格付け本で知られる仏ミシュランは2009年10月13日、「ミシュランガイド京都・大阪2010」の内容を発表した。最高級の評価となる「三つ星」は、7店(京都6店、大阪1店)が獲得した。東京版は2007年から出版されているが、京都・大阪版の発行は初めて。

   京都の6店は「菊乃井本店」「吉兆嵐山本店」「千花」「つる家」「瓢亭」「未在」で、いずれも日本料理店だった。大阪からはフランス料理店「ハジメ」が選ばれている。「一つ星」まで合わせた計150店(うち旅館3店)の中には、おでんや串揚げの店も含まれるなど、関西の多様な食文化が反映された。

   日本語版と英語版があり、09年10月16日に発売される。価格は2415円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中