「スカイプ」、国際電話の13%占める

印刷

   インターネットを利用した電話ソフト「スカイプ」による国際電話通話が、2009年の国際電話通話の13%を占めることが明らかになった、米調査会社「テレジオグラフィー」が10年1月19日発表した。09年に全世界で行われた国際電話の通話は前年比8%増の約4060億分なのに対して、そのうちスカイプによる通話は同63%増の540億分を占めた。スカイプは従来の電話と比べて安価に通話が出来ることから、急激に利用が伸びているものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中