貴乃花親方 相撲協会理事に当選

印刷

   任期満了に伴う日本相撲協会の理事選が2010年2月1日行われ、元横綱の貴乃花親方(本名花田光司 37歳)が初当選した。貴乃花親方は、理事選が立候補制になった1968年以降5番目に若い理事となる。

   今回は定数10人に対し11人が立候補し、4期8年ぶりの投票となっていた。貴乃花親方は09年11月に立候補を表明するも、二所ノ関一門内からの同意を得られずに無所属で出馬。後ろ盾がない状態だったが、親方や立行司らからなる111人の評議員から10票を獲得した。落選は大島親方(元大関旭国)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中