長谷川洋三の産業ウォッチ
三井物産会長の憤懣:トヨタ問題と日本政府の無策

印刷
「日米関係が良好であれば、トヨタのリコール問題もこれほど大きくならなかったのではと思う。現在の日米はまったく政府間のコミュニケーションができていない。トヨタが一方的に米国から批判され、日本政府がなにもしない姿は明らかに異常だ」

   日本貿易会の次期会長の槍田松榮・三井物産会長は2010年3月11日、東京都内で開かれた民間団体の研究会でトヨタ自動車のリコール問題についての見解を聞いた私にこう答えた。

   「トヨタは日本の代表的企業であり、トヨタの経営の行方は日本経済全体に与える影響が大きい。日本政府はもっと米国政府にフェアな対応を求めるべきだ」と、槍田会長は強調する。

豊田章男社長は各方面におわび行脚

   トヨタ自動車の豊田章男社長は2月24日、米下院の公聴会で参考人として証言した後、各方面におわび行脚を続けており、鳩山首相にも官邸を訪ね状況説明した。しかし鳩山首相自身、沖縄・普天間の移転問題で米国との意思疎通ができていない状態で、米国側にトヨタ問題で冷静な対応を求めるどころではない。槍田会長の憤懣やる方のない発言は、鳩山政権の対米姿勢について経済界が持つ、うっせきした不満を反映したものとも言える。トヨタ自動車としては、GMの連邦破産法適用などで米国が受けたショックのはけ口に加え、ダメージを受ける企業に何もしない鳩山政権の存在が加わり、なおしばらくは苦しい「一人旅」を余儀なくされそうだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中