「カバーは不要」 モトローラ「iPhone4」をチクリ

印刷

   米携帯電話メーカー、モトローラが、新製品の広告で米アップルを皮肉るメッセージを掲載している。

   これはニューヨークタイムズ紙に出されたもの。ブログメディア「ギズモード」に掲載された広告を見ると、大きく「ジャケットは不要」(NO JACKET REQUIRED)の文字。「ジャケット」とは、アップルが「アイフォーン(iPhone)4」の電波受信障害で、問題解決のために無料で配るとした「バンパー」と呼ばれる電話機カバーを意味しているようだ。

   さらに広告の本文には、「電話機を正しく機能させる目的でお客様にカバーを使わせるようなことは、モトローラでは考えておりません」「お客様が電話機をどのように握っても、カバーなど使わないでハッキリとした音をお聞きになれます」と書かれている。

   モトローラのウェブサイトにも、同様の「ジャケットは不要」と書かれた部分がある。クリックすると、アンテナの設計や電波試験についての「よくある質問」が並んでいる。これも、アイフォーン4の問題を意識したもののようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中