菅首相続投で支持率急上昇 世論の「小沢嫌い」ダメ押し

印刷

   民主党代表選に再選した菅直人首相が続投して「よかった」と思っている人が81%もいることが、日本経済新聞の緊急世論調査でわかった。内閣支持率も71%に上昇し、内閣発足時(68%)をも上回った。

   また、2010年9月16日付の朝日新聞でも、菅首相の続投を72%が「よかった」と答えている。7月の世論調査では内閣支持率が30%前半まで落ち込んで、参院選に大敗を喫したにもかかわらず、「反小沢」の声を味方につけて急激な回復を果たした。

国会議員票との乖離、改めて浮き彫り

世論の「小沢嫌い」が菅首相の支持率を上げた
世論の「小沢嫌い」が菅首相の支持率を上げた

   それにしても、菅首相で「よかった」と思っている人が81%とは相当高い数字だが、産経新聞が8月下旬に行った世論調査では、首相にふさわしいのは菅氏60.1%、小沢氏16.4%だった。また9月初旬の読売新聞の調査では、59%が菅首相を支持しており、この時点ですでに菅首相が圧倒的に優勢だった。

   代表選の結果は、いわば民意のとおりに収まったことになるが、得票差が小さく勝負がもつれた国会議員の投票が、国民の声といかにかけ離れているかを改めて浮き彫りにした。

   とはいえ、必ずしも菅首相の続投を81%の人が手放しで「歓迎」しているわけではないようだ。日本経済新聞が「菅首相でよかった」と答えた人にその理由を聞いたところ、「首相が頻繁に代わるべきではない」と考えている人が72%、「小沢氏に首相になってほしくない」が46%を占めた。「小沢氏を重要な役職に起用すべきではない」と回答した人も61%に上った。

   一方で「政策がよい」「指導力がある」はいずれも4%しかなく、菅首相の評価は低い。世論には小沢氏に対する強い反発があって、その中であくまでも「小沢氏より、菅氏のほうがまし」というだけの、消極的な結果でしかない。

   9月16日付の日経の見出しには、「政策・指導力より『反小沢』」とあるが、それに尽きる。

菅首相でも「政治はうまく進まない」

   菅直人首相の続投を「よかった」とする人は、朝日新聞の世論調査でも72%がそう答えた。菅内閣を「支持する」人は57%で、前回調査時(2010年9月5、6日)と比べて8ポイント上昇した。「支持しない」人は6ポイント減って24%となった。

   小沢氏の起用についても、起用しないほうがよいと答えたのは、朝日新聞でも65%を占めている。しかし起用には反対でも、「(小沢氏の)意見を取入れた方がよい」と答えた人は42%いる。「取り入れない方がよい」も43%と拮抗しているが、このあたりに「もうゴタゴタは勘弁してほしい」「しっかりと政権運営に専念してほしい」という世論の思いがにじんでいるようだ。

   ただその半面、菅首相の続投で「政治がうまく進む」とみる人は38%にとどまり、民主党を中心とした政権が続いたほうが「よいと思う」と答えた人は38%。「そうは思わない」人は40%とだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中