「被災者に千羽鶴」はうれしいのか チリ落盤で続々届く「善意」の中身

印刷

   南米チリの鉱山で落盤事故が発生し、作業員33人が地下に閉じ込められたニュースは、世界を駆け巡った。作業員やその家族の様子が連日報道される一方、救助のための掘削作業は順調に進んでおり、当初予定より早く救出できそうな見通しも出てきた。

   作業員たちを励まそうと、日本からもさまざまな「支援」を差し伸べようとする人がいるようだ。だが以前、被災者への支援の一環で日本から「千羽鶴」を送ろうと呼びかけた人が、「役に立たない」と問題視されたことがあった。善意のつもりが「迷惑」になっていないだろうか。

保冷剤、絵、お守りまで

千羽鶴の意味は理解されるか(写真はイメージ)
千羽鶴の意味は理解されるか(写真はイメージ)

   チリの鉱山で、地下に閉じ込められた鉱山作業員に向けた支援の輪が、世界各地で広がっている。米航空宇宙局(NASA)の医師団や宇宙飛行士の訓練の専門家が、暗く狭い場所ですごしている作業員の暮らし方に助言を与えたり、サッカースペイン代表の選手が自身のユニホームに励ましのメッセージを入れて送ったりしたことが伝えられている。

   日本では、大阪府摂津市が市役所内に募金箱を置いて市民に協力を呼びかける。在日チリ大使館に聞くと、企業や一般の人からさまざまなものが送られてきているのだと話す。2010年9月21日時点で届いた手紙やメールなどは200通を超えたとのこと。物資も、災害時用の「トイレ対策」で使われる汚物の凝固剤から保冷剤、絵、扇子、さらには京都の元興寺で入手したカエルのお守りの鈴を33人分送ってくる人もいたようだ。「作業員全員が『無事かえる』との祈りを込めたそうです」(チリ大使館)

   大使館によると、「大使は『日本の皆さんからの気持ち。すべてありがたく受け取りましょう」との方針です』と話す。現地に送れるものは、大使館が責任もって作業員の関係者のもとに届けるとのことだ。

大量物資、送料は大使館の「持ち出し」

   とは言え、日本から見て地球の裏側にあるチリに、大量の物資を送る費用は大使館の「持ち出し」。都内からチリに航空便で小包を送る場合の料金は、1キロで4600円かかる。善意はありがたいが、モノが増えれば送料も増えることになり、大使館としても複雑な心境だろう。

   事務作業もすべて大使館員の手による。例えば、日本語で書かれた手紙はすべてスペイン語に翻訳するが、担当する人数はたったの2人だ。

   日本独特のものを送る場合は、説明書きもスペイン語で添えるという。例えば、病気療養中の患者たちが折った千羽鶴が9月21日に大使館に届いたそうだが、これも現地の人が理解できるように説明を入れなければならない。

   実は千羽鶴は以前、被災地に送るうえでちょっとした「騒動」があった。カリブ海の国ハイチで2010年1月に大地震が発生した際に、ネット上で「被災者のために千羽鶴を贈って激励しよう」との呼びかけが広がった。ところが「支援するものはほかにあるはずだ」「現地の人は意味を理解できるのか」といった批判が起こったのだ。今回の落盤事故では、「千羽鶴を届けよう」というネットの声はあがっていないようだ。

   大使館は「皆さんの優しい気持ちは本当にうれしい」と話すが、ありがた迷惑にならないように送る側も考えたほうがよさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中