小沢一郎氏を強制起訴へ 検察審「起訴議決」

印刷

   民主党の小沢一郎元幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第5検察審査会は2010年10月4日、小沢氏の04年、05年分の政治資金規正法違反容疑(虚偽記載)について、強制的に起訴すべきだとする「起訴議決」をしたことを公表した。議決は9月14日付。これによって小沢氏は、東京地裁が指定する検察官役の弁護士によって強制的に起訴される。

   陸山会の土地購入費にあてられた小沢氏からの借入金約3億5000万円を04年度分の政治資金収支報告書に記入せず、05年度分の収支報告書には虚偽の収入・土地代金支出を計上した、とされる容疑。衆院議員・石川知裕被告ら元秘書3人が起訴されたが、小沢氏は嫌疑不十分で不起訴となっていた。

   第5検察審査会は4月に全員一致で「起訴相当」を議決、これを受けて再捜査した東京地検は再び不起訴に。このため、メンバー全員が任期満了で入れ替わった同審査会が2度目の審査を行っていた。今回、手続きに必要な11人中8人以上が「起訴議決」に賛成したことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中