「船首を向けてきます。挑発的です」 「尖閣」ビデオがユーチューブ流出

印刷

   2010年9月に尖閣諸島沖で起きた中国漁船との衝突事故の様子を収めた動画が、動画共有サイト「ユーチューブ」に掲載されていることが明らかになった。衝突の場面も写っており、海上保安官の「止まれ!」といった声も確認できる。

   事件の動画は、一部の国会議員に、約7分間にされたものが公開されるにとどまっていたが、今回確認された動画の長さは、約45分。流出した経緯は不明だが、日中関係に大きな影響が出そうだ。

>>ユーチューブに掲載されていた動画はこちら(http://www.j-cast.com/2010/11/05080030.html)

「sengoku38」を名乗る利用者がアップロード

流出した動画に収められていた衝突シーン
流出した動画に収められていた衝突シーン

   確認された動画は、「sengoku38」を名乗る利用者が、2010年11月4日深夜にアップロードした。現段階では、6本が確認されている。

   「本当の尖閣 海上保安庁4」と題した11分24秒の動画は、巡視船「よなくに」から撮影されたとみられ、青い中国船を撮影しながら、

「甲板は人が慌ただしいようです…、と●●君、ナレーションを入れると、後で非常に分かりやすくなります」

と、海上保安官が同僚に指示をする場面を確認できる。この直後、ナレーションは

「今、クレーンで網をつっている様子が見えます」
「またエンジンの回転が上がります。本船に船首を向けてきます。挑発的です」

と、緊迫度が高まり、さらにこの約20秒後に、中国船は「よなくに」に「ゴゴッ」といった音とともに衝突。

「今の位置確認!今の位置確認!」

と別の男性が叫び、

「該船は、本船左舷に衝突し、そのまま逃走している。ただいまの時刻、1016」

というナレーションが入った。なお、ビデオを視聴した国会議員も、よなくにと中国漁船の衝突時刻は10時16分だったと証言している。この動画は、スピーカーを使い中国語で停船を求めるも、そのまま逃走していく場面で終わっている。

「衝突してきた!みずき右舷船尾に衝突してきた!」

   3分33秒にわたる動画は、「みずき」から撮影したとみられ、冒頭からサイレンのような音が響き渡っており、ナレーションも

「平成22年9月7日、『よなぐに』と接触・衝突した、ミンシンリョウ、5179と…」
「ただいまの時刻、1055」
「中国語による停船命令を行うも、該船停船せず」

と、緊迫感が漂うものだ。「みずき」からは拡声器で中国語で呼びかけ、別の男性が「おーい、止まれ!」と叫んでいるのも確認できる。この直後に、中国側の船が「みずき」に接近。「みずき」の右舷後方に接触した。ナレーションは、

「1056、該船、巡視船みずきに接触した!衝突してきた!みずき右舷船尾に衝突してきた!」

と、「中国船がぶつかってきた」という認識だということが分かる。みずきの後方からは、炎は見えないものの、黒煙が上がった。

   その後1分半程度、

「該船、いまだに航行中」
「該船、西に向けて航行中」

というナレーションとともに、中国漁船が「みずき」から離れていく様子が収められている。

   別の2分29秒の動画は、「はてるま」から収録されたものとみられ、みずきと中国漁船が衝突する様子が収められている。ナレーションは、

「現在、みずきから停船命令を実施中である」
「みずき、該漁船より体当たりを受けた模様」

と、比較的冷静だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中