60~64歳「働くシニア」増える

印刷

   「働くシニア」の比率が高まっている。総務省の「労働力調査」によると、60~64歳の就業率は10年前に比べて男性で5.5ポイント、女性で6.4ポイント上昇した。

   年齢別就業率で、60~64歳の男性は2000年が65.1%だったのに対して、10年は70.6%となった。女性も37.8%から44.2%に高まった。

   公的年金の支給開始年齢が段階的に65歳に引き上げられたため、年金受給までの期間を働く傾向にある。

   2010年の60~64歳の平均就業率は57%。政府はこれを2020年までに、63%に引き上げることをめざしている。一方で、若者の就職難が指摘されるなか、シニア世代が若者の就職の機会を奪っているとの見方もある。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中