G7、円高歯止めで協調介入に合意

印刷

   先進7か国(G7)財務相と中央銀行の総裁は2011年3月18日朝、緊急の電話会議を開き、急激な円高に歯止めをかけるために協調して市場に介入することで合意した。介入はすでに9時頃に実施されたとみられ、3月17日には1ドル76円台に突入していた円相場は、81円20銭にまで急落した。円売り介入は10年9月15日以来、約半年ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中