【ボランティア】あなたにできることがある ソーシャルメディア有志によるボランティア情報サイト

印刷

   ソーシャルメディア上で集まった有志が「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)『災害ボランティア情報』まとめサイト」を作成している。

   ジャーナリストの藤代裕之氏がツイッターなどで呼びかけたもので、各自治体や社会福祉協議会が公開した情報や、新聞記事などに掲載された信頼性の高いボランティア情報のみを収集・掲載している。

   災害ボランティアでは、受け入れ態勢の有無や現地のニーズなどから、専門ボランティア以外の人が、善意とは逆に被災地に迷惑をかけてしまうおそれがある。

   まとめサイトでは、種類別や地域別でボランティア情報を掲載しており、マスコミで報道される被害の大きい地域以外や、地元でできるボランティアなど、「自分のできる範囲での貢献」が可能だ。

   また、まとめサイトでも増大する一方のボランティア情報に対応するため、サイト運営のサポートを募集している。

   運営への協力をしたい人はvolunteermatome@gmail.comか藤代氏のツイッター(fujisiro)へ、サイト運営のサポートをしているJCEJ(日本ジャーナリスト教育センター)では3月19日に学生向けの運営ボランティア説明会を開催する予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中