カダフィ大佐の豊満金髪恋人 ノルウェー亡命を希望

印刷

   ウィキリークスによる米外交文書流出で一躍有名になったカダフィ大佐の金髪元看護婦は、故郷のウクライナに一時帰国していたが、今度は北欧ノルウェーに出現し亡命を希望しているという。

   リビア政府の手先による殺害脅迫がその理由とされるが、同国の有力タブロイド紙『VG』はその電子版(2011年5月10日付)で移民当局はガリーナ・コロンスカ(38)の亡命申請を却下したと伝えた。だが、直ちに国外追放になるのではなく、司法省が「ノルウェーの国益に関与する重要な情報を持っている」と判断すれば、同国での長期滞在が許されるようだ。

極秘情報を持っていることは確実?

   同紙の情報源によれば、コロンスカが極秘情報を持っていることは確実だという。ノルウェーは、リビアで空爆を実施している北大西洋条約機構(NATO)の発足時からのメンバーであり、カダフィ大佐の内密情報は国益級の価値があると見なされるわけだろう。

   昨年末に暴露された在トリポリ大使館からの公電のなかで「豊満な金髪看護婦」コロンスカは、カダフィのお気に入りで外遊にも常に同伴すると記述されていた。

「カダフィ氏は長年交際があるウクライナ人看護婦ガリナさんに頼り切っており、彼女はセクシーで金髪だ。カダフィ氏はこの看護婦と恋仲であるとされ、リビア側はビザを発給する米側に対し、この看護婦が同行しなければカダフィ氏は外遊できないと念を押したという」

   リビア情勢が悪化するなかで、コロンスカは2月にウクライナに帰国したあと、マスコミからの取材攻勢を避けるために3月にノルウェーの首都オスロに移ったようだ。現在オスロの移民センターでノルウェー政府の決断を待っているらしい。

(在米ジャーナリスト石川幸憲)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中