上原美優「最後のブログ」 ファンから1万件超のコメント

印刷

   タレントの上原美優さんの死から2011年5月15日で3日が経った。彼女の残した「最後のブログ」には今もファンからの書き込みが相次ぎ、コメントは1万件を超え、「ブログは残したままにしてほしい」という意見も出ている。

   本人のブログ(5月10日付)には「リアルに私、恋愛が出来ない」「恋の仕方も、恋愛の仕方も、リアルにわかんなくなってる。てか完全焦ってるな私」などと書き込まれており、恋愛の悩みとも受け取れる記述があった。

   この「最後のブログ」のコメント欄には現在、1万件を越える書き込みが寄せられている。「突然の出来事で今でも信じられません」「(亡くなった)お母さんにいーっぱい甘えて、のんびり過ごしてね」「貴女の純粋な心やあの笑顔に癒されていました」といったものや、「9回目の書き込みだよ」「ブログ、このままにしておいて下さい」「絶対、ブログだけは、残してネ」という意見も出ている。

   上原さんが都内の自宅で首をつって発見されたのは、5月12日午前2時過ぎ、交際中だった男性が見つけた。男性は本人から「2時間だけ1人にしてほしい」と言われ外出。帰る前に電話を入れたが不在で、急いで駆けつけると、変わり果てた姿の彼女と対面した。部屋には殴り書きのメモが残されていたという。

「亡くなった母親のところに行きたい」

上原美優さん(09年6月撮影、著書の出版記念イベントで)
上原美優さん(09年6月撮影、著書の出版記念イベントで)

   テレビなどの取材に対し、上原さんの父親は亡くなる前日、電話でやりとりしたことを明かしている。それによると、彼女は「亡くなった母親のところに行きたい」などと言い、30分くらい喋ってから夜話そうといったん電話を切った。その夜また電話があり、ほがらかな調子で話していて、安心していたそうだ。

   上原さんは鹿児島県種子島出身で、10人兄弟の末っ子。大家族の貧乏ネタを話題にブレークしたが、大の家族思いでも知られる。TBS系情報番組「サンデージャポン」の企画で2009年、タレントの西川史子とともに故郷の種子島を訪れた時、家族のことを「幸せな家庭でした。ちゃんといっぱいテレビに出て、お金がかせげるようになったら、(家を)全部改築しようねって約束しているんですよ」と笑顔で話している。

西川史子「すごく頑張り屋さんで必死にやっていた」

   2010年4月に母親をなくした。出席したイベントでのやりとりの中で、「たまに母親のケータイに間違えてかけちゃったりするんですよ。だけど、ケータイがつながらなくて、なんとなくそれで(母親の死が)実感できたり」などと辛い思いを打ち明けていた。サンケイスポーツ(5月13日)や日刊スポーツ(5月14日)の記事では、関係者の話として、母親の死から立ち直れなかったことを死の要因として挙げている。

   芸能人ブログでは、ほしのあきさんが「すごく頑張り屋さんだった美優ちゃん」、加護亜依さんが「時には顔がぼろぼろになるまで泣いて自分の悩みを打ち明けてくれたりした」と彼女の性格のことにふれた。そして、10日前に仕事場で会ったばかりだという西川史子さんは「サンデージャポン」(5月15日放送)で、次のように話した。

「テレビに出ることって、テレビに出ている自分と本来の自分とのギャップをどう埋めていくかということがあると思う。なんとなくタレントをやっている子だったら楽にできたかもしれないけれど、彼女はすごく頑張り屋さんで必死にやっていたから、うまくいかなかったり、何かあったりしたときに崩れてしまったのかな。でも、想像することは簡単ですし、それは本人にしかわからないことですけれど」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中