「領土問題に危機感なし」に激高 役人に「水かけた」衛藤議員の言い分

印刷

   自民党の衛藤晟一参院議員が、外務省職員に向かってコップの水をまいた。韓国国会議員による北方領土訪問に関するやりとりの途中で激高したのだ。部会で何が起きたのか。

   「いい加減にしろ。本気で国益を守ろうと思っているのか」。衛藤議員の怒声が飛んだのは、2011年5月24日の自民党外交部会でのことだ。韓国の野党3議員による24日の北方領土(国後島)訪問について衛藤議員が質問する中、担当の外務省審議官が顔を横に向けて同僚と話を始めたという。「ニヤニヤ笑っているように見えた」(衛藤議員)こともあり、衛藤氏はコップの水を机の前に向かって投げつけた。

「水を投げつけたことは大人気なかった」

菅政権の外交姿勢が問われている。
菅政権の外交姿勢が問われている。

   「水を投げつけたことは大人気なかった」。騒動から一夜あけた5月25日、衛藤議員はJ-CASTニュースの取材にこう答えた。しかし、激怒したこと自体は今でも正しかったと考えているそうだ。また、「水をかけた」との報道もあるが、実際には数メートル以上離れており、水がかかる距離ではなかったとも説明した。

   問題となった5月24日の部会で、外務省審議官は韓国議員の訪問当日になっても「事実関係を確認中」と繰り返した。20日の参院予算委の段階で事前情報があり、菅直人首相は「確認された場合には、きちっと対応をとりたい」と答弁していたにもかかわらず、だ。

   衛藤議員が24日に「激怒」したのは、何も当日の審議官の態度が悪かったからだけではない。民主党政権になってからの領土問題への対応は、「主張すべきを主張する」姿勢ではなく、「形式上、とりあえず遺憾の意を表明して終わり」にみえる。韓国が竹島の実行支配を強化する施策を加速させ、ロシア要人が北方領土訪問へ踏み切ったことは、日本政府が毅然とした態度を示さないからだとの指摘は少なくない。

   衛藤議員らはそうした忠告を繰り返してきたが、政府・外務省にはいっこうに危機感が感じられないことに苛立ちを感じている。「今後も断固、政府に毅然とした外交姿勢を求めていく」としている。

外務省OB「劣化した組織の不遜な体質」

   衛藤氏の行為に対しては、松本剛明外相が自民党へ申し入れをする考えを表明。自民党内からも「物理的に力を加えることはあってはいけない」(石破茂・政調会長)、「一部の外務省員に不快な思いをさせ心からおわびする」(小野寺五典・党外交部会長)と陳謝の声もあがっている。

   一方、インターネットで配信された関連ニュースのコメント欄では、「水をかけるのは良くないが、(衛藤議員の)意見は正しい」などと外務省の緊張感のなさを批判する声が多く寄せられている。

   そんな中、「水をかけられた外務官僚のほうがもっと悪い」と題したブログを更新した元外務官僚がいる。元駐レバノン特命全権大使で、「さらば日米同盟!」(講談社)などの著書がある天木直人氏だ。天木氏に話をきくと、「『政治家が水をかけた』論に問題を矮小化してはならない」として次のように持論を展開した。

   ――「水かけ」が「蛮行」なのは間違いない。しかし、外務官僚の態度が衛藤議員主張の通りなら、官僚のほうがさらに悪い。韓国議員の北方領土訪問について、何の策も打てないので、衛藤議員を無視してヘラヘラごまかすしかなかったのだ。これは許し難い怠慢で、職員個人の問題ではなく、劣化した組織の不遜な体質がにじんだものだ――

   勿論、日本政府もまったく無策というわけではない。武藤正敏・駐韓大使は5月24日、韓国の外交通商第1次官に抗議した。一方、自民党は25日、党外交部会などの合同会議で、韓国に抗議の意思を示す衆参両院決議をする手続きを進めることで意見が一致した。衛藤議員は、「大使の抗議レベルではまったく不十分だ」と政府を批判している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中