元連合会長・笹森清氏が死去

印刷

   元連合会長で内閣特別顧問の笹森清(ささもり・きよし)氏が2011年6月4日朝、肺炎で死去した。70歳だった。半月ほど前から東京都内の病院で闘病生活を送っていた。

   笹森氏は1960年に東京電力に入社し、93年から97年まで電力総連の会長、2001年から05年まで連合会長を務めた。10年10月から内閣特別顧問に就任していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中