自由奔放に毒舌まき散らす 長万部「まんべくん」人気急上昇

印刷

   日本全国に「ゆるキャラ」が乱立するなか、ツイッター上で異様な存在感を見せているのが、北海道長万部町の「まんべくん」(@manbe_kun)だ。長万部町の人口は約6000人だが、まんべくんの読者(フォロワー数)は、その7倍以上の4万5000人に達する。

   本来、自分がPRするはずの長万部について「漢字も読めなくてイメージすらされてない」とけなしたり、2ちゃんねらーに対して「全力で来いよ!」と煽ってみせるなど、自由奔放な発言が人気を集めている。

1日に300回はつぶやく

「まんべくん」のプロフィールページ。タイムライン(TL)が、このアイコンで埋まる人も少なくない
「まんべくん」のプロフィールページ。タイムライン(TL)が、このアイコンで埋まる人も少なくない

   まんべくんは、03年に町の130周年記念事業の企画で、公募で「準入選キャラクター」として誕生。頭が町花の「あやめ」、耳がホタテ、手と胴体が特産品のカニで出来ている。7歳の男の子という設定だ。町のウェブサイトによると、性格は、

「目立ちたがり屋、ドジでおっちょこちょい。温厚でやさしくの~んびりしているが、ものすごく怒った時は、カニばさみで攻撃することもある」

とされている。ずっと知名度が低かったが、2010年10月にツイッターを始めてから急上昇している。Tシャツなどの関連グッズの売れ行きも好調で、「まんべ会」と呼ばれるイベントも札幌などで行われている。

   ツイッターでの発言数は6万4000回以上。1日に300回はつぶやいていることになる。読者の声に細かく返信しており、問いかけに同意するときは「コクリ」、朝のあいさつは「おはまんべーッ!」、誕生日を祝うときは「おめまんベーッ!」と、独特の言葉遣いが読者に喜ばれている。

   自虐的な物言いも特徴で、読者からの

「あんまり反感買ってると長万部のイメージも悪くなる」

との声には、

「今が最低だからこれ以下はない」

と応じ、

「てかまんべくんが長万部のイメージ壊すとかって一部で言われてるけど、そもそも長万部って漢字も読めなくてイメージすらされてないのに何そのクレームおかしい」

とも反論している。

NHK出演決定に「夢ひとつ叶ったあああああーーーーッ!」

   2ちゃんねるに対しても強気な態度で、

「まんべくん2ちゃんねらーに目付けられたよ」

と言われても、

「全力で来いよ!」
「本当の敵はネットにはいない」

と煽ってみせるほどだ。

   AKB48の総選挙についても一家言あるようだ。「推しメン」は「こじはる」こと小嶋陽菜さんだそうで、前回と比べて大幅に順位を落とした板野友美さんについては、

「ともちんはソロになって調子乗ってるイメージが先行したから負けた。行ってみヨーカドーの頃が天井」

と酷評。6月10日夜には、テレビ朝日系の「ミュージックステーション」を見ながら、

「口パクだわ」

と毒づいた。だが、篠田麻里子さんについて

「まりこさまは拒食症」

とツイートしてしまい、

「応援してるからちゃんと節度を持って毒吐いてね」

などと苦言が続出。「すまんべ」と、何度も謝る羽目になった。

   長万部町役場の総務課企画グループによると、ツイッターの運営は外部の会社がボランティアで行っているといい、

「ああいう、他のキャラクターにはない感じが、まんべくんの良さ。あまりにもひどい場合は注意しますが、基本的には片目をつぶって見守っています」

と、多少の脱線や毒舌は大目に見る方針だ。

   また、6月17日未明には

「NHK教育『天才てれびくん』長万部生放送ッ!織田裕二のマネする山本高広が長万部にクルーーーーッ!」

と、6月23日のテレビ番組出演が決まったことを報告。

「まんべくんの夢ひとつ叶ったあああああーーーーッ!」
「公共の電波を使って国民1人残らず洗脳するッ!」

と、独特の意気込みを見せている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中