「なぜこれほど日本が好きなのか」 レディー・ガガへの素朴な疑問

印刷

   世界のトップアーティスト、レディー・ガガさん(25)に日本政府から感謝状が贈られた。大震災の復興に尽力してくれたという理由だが、ガガさんは、自分の愛は無償の愛であり「私は本当に日本が大好きなんです」と感激の涙を見せた。ネットではなぜガガさんがこれほど日本が好きなのか理由がわからない、といった疑問も出ている。

   肩には「TOKYO LOVE」という文字と日本の国花として知られる菊の入れ墨がある。飼っている犬は柴犬で名前は「YOKO」。

「日本に引っ越したいほど」

   日本贔屓の証拠は他にもある。持ち歩くバックには大量のメッセージが日本語で書かれているのは有名で、プロモーションビデオにも日本語が出たりする。最新ミュージックビデオ「ジューダス」のネイルアーティストは日本人。ファンションディレクター契約をしている二コラ フォルミケッティさんは日本人とイタリア人が両親だ。

   ガガさんは東日本大震災復興支援イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」に出演するために来日した。公演後に開かれた記者会見では顔に大きな目玉を描いたメイクで出席。このメイクは日本のマンガを参考にした、と説明した。

「日本のファンは大好き。とても美しくて優しい。大きなありがとうと、愛していると伝えたい。正直言って日本に引っ越したいほど」

などと話した。記者から、「どうしてこれほど日本に良くしてくれるのか?」という質問が出ると、驚いた表情で「why not」(当然のことです)と返した。

   6月23日には日本政府から感謝状が贈られた。ガガさんは大震災直後に「Japan Prayer Bracelet」と書かれたリストバンドを販売。サイトを立ち上げ全世界に被災地支援の呼び掛け、自身で約2億4000万円を寄付した。この日の記者会見では直筆で「日本の為に祈りを」と書いたティーカップを持参しその場でキスマークを付けた。このカップもオークションに出して全額寄付するのだという。

   感謝状を受け、自分の愛は無償のものだから、このようなものを受け取るのは本意ではない。でも、もらったからには一生大切にする、と語った。そして、

「日本が安全だということを、世界中の観光客がこの美しい国に来てもらえるように伝えていきたい」

   そう宣言した。

日本は世界2位の巨大マーケットだから?

   しかし、なぜこれほどまでにガガさんは日本が好きで尽くしてくれるのだろうか。観光庁に問い合わせてみたところ、

「とにかく純粋に日本が好き、ということのようですよ」

とだけ答えた。

   ガガさんの日本でのプロモーションを担当しているユニバーサルミュージックジャパンの担当者はこう話した。ガガさんは09年の初来日以前から日本が好きで、あれだけのビッグアーティストにもかかわらず、日本のスタッフにも最初から非常に前向きに接してくれたのだそうだ。

   担当者は、あくまで推測だと前置きをし、ガガさんがこれほど日本に尽くしてくれるのはまず、日本は世界第2位の音楽マーケットだからだろうと説明した。日本にはガガさんのファンが多く、CDやDVDをたくさん買ってくれる。

「自分をトップアーティストに育ててくれた日本への感謝がまずあるのだと思います」

   また、日本のカルチャー、サブカルチャーに共感するものが多く、そして、ガガさん自身が言っているように、日本のファンは自分に優しく接してくれて、コンサートでも盛り上げてくれる。そんな日本人が大好きになったのではないか、と話していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中