オバマ米大統領殺害計画があったアルカイダ

印刷

   国際テロ組織アルカイダがオバマ米大統領専用機の撃墜し、オバマ大統領を殺害する計画を立てていたことがわかった。米ABCテレビなどが2011年7月15日に伝えた。

   報道によれば、同時多発テロから10年を迎える11年9月3日に実行しようと計画を練っていた。アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者を米軍の特殊部隊がパキスタンで11年5月に殺害した際に、潜伏先で押収した資料に計画が記されていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中