「国の借金」2011年度末に1000兆円突破

印刷

   日本国債や借入金を合計した「国の借金」の残高が2011年度末に、1024兆1047億円に達する見通しとなった。11年度の第3次補正予算で11兆5000億円の復興債の発行を盛り込んだことで、1000兆円の突破が確実となった。

   財務省はこれまで11年度末の国の借金残高を、10年度末に比べて71兆円増加の995兆9232億円と、かろうじて1000兆円に届かない見通しを立てていた。

   しかし、今国会に提案されている復興債の発行や、歴史的な円高に伴う為替介入への備えとして外国為替資金証券の発行限度額を15兆円増額したこと、さらに原子力損害賠償支援機構に資金を出すための交付国債の発行枠を現行の2兆円から5兆円に増額したことで、特別会計の借金残高が増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中