東証、2年8か月ぶり8200円割れ 欧州危機の深刻化で

印刷

   2011年11月24日の東京株式市場は売り注文が優勢となって4日続落、日経平均株価の終値で前日比149円56銭安の8165円18銭となった。一時は8157円39銭まで下落、年初来安値を更新した。8200円を割り込む水準は2年8か月ぶり。

   前日のドイツ国債の入札が不調だったことなど欧州の債務危機が深刻化したことで、欧米市場で株価が軒並み下落したが原因。

   23日はニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が前日比236.17ドル安の1万1257.55ドルと、終値ベースで約1か月半ぶりの安値水準となったほか、ロンドンやフランクフルトなどの欧州の株式市場も下落し、世界同時株安の様相を呈している。

   個別銘柄では、トヨタやコマツなどの輸出関連の主力株や三井住友フィナンシャルグループや野村ホールディングスなどの金融株、三井物産や三菱商事なども下げた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中